大阪にある塾の授業料|個別指導の基本知識を徹底解明します!

塾にかかる費用でどのくらいなの?

学習塾にかかる平均月謝をまとめています。気になる塾のホームページで料金形態を確認し、これを参考に行かせたい大阪の個別指導塾を選んでいきましょう。また、通っている学校が公立か私立かで違いが出てきます。個別指導の平均授業料は目安として、90分週2回で3万円程度です。では見ていきましょう。

大阪にある塾の授業料

生徒

小学生の学習塾授業料

全学年を合わせた平均額が、公立は5万円程。私立の平均額は21万円程になります。中学受験をする6年次は塾の利用頻度が上がり、公立の平均額は11万円程、私立は39万円です。私立が多い理由は公立よりも授業のスピードが早いことが挙げられます。
小中高全て含めて、私立の6年次が一番平均額が高いです。

中学生の学習塾授業料

公立の平均額塾費用が20万円程、私立は13万円程です。中学では私立に通う中学生よりも公立中学に通う学生の授業料が高いのが分かりますね。私立中学は高校までエスカレーター式で通えるところが多いので、高校受験をしなくていいことになります。しかし公立中学で高校まで上がれるところは少なく、多くの公立に通う中学生は高校受験を受けることになります。その対策の為、公立中学の授業料が高くなります。特に公立3年次は30万程かかることも多いです。

高校生の学習塾授業料

大学受験を控える高校生の塾費用の平均額は公立が9万程円、私立は14万円程です。こちらも3年次が高くなります。現在の高校生の通塾率は非常に高く、公立では33%、私立で37%と3人に1人が通っている計算になります。

塾を安く抑えるには・・・

科目を絞る

少しでも費用の負担を軽減させる為に、苦手科目や弱点のある科目に的を絞り、授業を選択すると、通常の授業料より安くなります。

巡回型や1対2型

個別指導は、1対1の授業スタイルが基本ではありますが、この授業形式では塾より高くなってしまうことがあります。そこで、1対2型や巡回型を選択することで、1対1型の授業料より安く抑えることができます。

返金や違約金

人によって、塾に通ったけど思うような効果が得られなかったという場合は、退塾という選択も出来ます。ただし、その際に2万円程の違約金や翌月の月謝を払わないといけない塾があります。逆に未受講の分を返金してくれる塾もありますので、入塾する際に契約内容をしっかり確認するようにしましょう。

特待生制度

個別指導でもこれから増えてくるであろう特待生制度とは、大手の塾や予備校で設けれています。テキスト代や模試代、授業料を全額または一部免除になります。入塾テストの基準を満たすことでこの制度を利用出来るので、ある程度の学力があるのが条件です。

成績保証

いくつかの個別指導塾では、高い授業料やテキスト代を払っても、大事な成績が上がらなかった場合に、その教科の授業料を免除する「成績保証」という制度があります。これは講師の指導力の高さを表しているので、入塾させる親御さんにも安心な制度ですよね。

広告募集中